bokutatinokazoku

ぼくたちの家族

「舟を編む」が数々の映画賞を受賞し、アカデミー外国語映画賞日本代表作品にも選出された石井裕也監督が、母親の病気をきっかけに、さまざまな問題に直面した家族が、再びひとつになっていく姿を描いた。長男の浩介に妻夫木聡、その弟・俊平に池松壮亮。両親を原田美枝子、長塚京三が演じた。原作は早見和真の同名小説。5月24日(土)より公開。(映画.comより)

ストーリー

ごく平凡に暮らしていた若菜家に、ある日、激震が走る。母・玲子(原田美枝子)に脳腫瘍が見つかり、余命1週間を宣告されたのだった。父(長塚京三)や独立した長男の浩介(妻夫木聡)、大学生の次男・俊平(池松壮亮)は動揺。玲子の病状は進み、浩介が誰だかわからなくなり、ひた隠しにしてきた不満や本音を吐き出していく。さらに父は多額のローンを抱え、母はサラ金に通っていたことがわかり、これまで波風立てずにやってきた若菜家は大きな問題を抱えていたことを浩介はまざまざと思い知らされる。どうしたらいいのかわからないながらも、浩介と俊平は何とかしようと動き始める……。(movie.walkerより)

ひとこと

「舟を編む」から約1年振りの石井裕也監督の作品です。石井監督の映画は好きだし、妻夫木くん主演というところにも興味があります。兄弟を演じている池松壮亮と妻夫木くんが楽しみです。母親が余命1週間の宣告を受けて、家族はどうなっていくのか、シリアスな部分だけじゃなく笑いもあるのでは?と思うので(勝手に)その辺も楽しみです。

 

 

2014年5月24日公開
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 117分
監督 脚本 石井裕也
原作 早見和真
キャスト 妻夫木聡 原田美枝子
池松壮亮 長塚京三 黒川芽以
ユースケ・サンタマリア 鶴見辰吾 板谷由夏
市川実日子 他

kira2

KILLERS キラーズ

日本とインドネシアの初の合作によるバイオレンスドラマ。サディスティックなサイコキラーを演じる北村一輝とインドネシア俳優のオカ・アンタラが主演し、高梨臨、でんでんらも共演する。「ザ・レイド」のギャレス・エバンスが製作総指揮。映画「MACABRE」で注目された若手監督コンビのモー・ブラザース(ティモ・ジャヤントとキモ・スタンボエル)がメガホンをとった。2月1日(土)より公開。

ストーリー

東京。野村(北村一輝)は無機質な処刑室で女性を無残に殺し、その様子をビデオカメラで撮影していた。彼は、その映像を編集してインターネットの動画サイ トにアップするのを習慣にしているのだ。ある夜、いつものようにターゲットの若い女性を探していると、歳の離れた姉・久恵(高梨臨)と弟・宗一が現れる。 久恵が宗一を道路の真ん中に立たせて殺そうとしているのを見た野村は彼女に興味を抱き、彼女が働く花屋を頻繁に訪れるようになる。いじめられっこの宗一が 野村になつく姿を見るうち、久恵も彼に心を開いていく。ジャカルタ。正義感溢れるフリージャーナリストのバユ(オカ・アンタラ)は、町の有力者ダルマ(レ イ・サヘタピー)の汚職事件を追求したことから罠にはめられ、取材を断念する。別居中の妻ディナ(ルナ・マヤ)と娘エリへの愛を支えに生きていたバユは偶 然、野村の動画を見つける。嫌悪に顔をしかめながらも画面から目を離すことができないバユの中で、危険な欲望が目覚め始める。そんな折、バユはタクシー強 盗に遭遇し、拳銃を突きつけられる。咄嗟の判断で銃を奪い、犯人を殺してしたバユは、かつてない高揚感に包まれる。彼は死にゆく犯人の姿を携帯カメラで撮 影し、ネットの動画サイトに投稿する。バユの映像を発見し、仲間だと直感した野村は、バユに接触し始める。バユは拒絶しながらも、抑圧してきた暴力衝動を 目覚めさせていく。そして2人の殺人者は宿命の出会いを果たす……。(movie.walkerより)

 

 

2014年2月1日公開
製作国 日本 インドネシア
配給 日活
上映時間 138分
監督 モー・ブラザーズ
脚本 ティモ・ジャイアント  牛山拓二
キャスト 北村一輝 オカ・アンタラ
高梨臨 ルナ・マヤ 黒川芽以
でんでん レイ・サヘタピー 他