bannnoukannteisi

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳

松岡圭祐の人気ミステリー小説「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズを、綾瀬はるか主演で映画化。原作は小説の第9巻「万能鑑定士Qの事件簿 IX」。莉子とともに事件の謎を追う雑誌編集者・小笠原悠斗を松坂桃李が演じる。「GANTZ」「図書館戦争」の佐藤信介監督がメガホンをとり、日本映画では初めてルーブル美術館でのロケ撮影も行われた。5月31日(土)より公開。(映画.comより)

ストーリー

フランス・ルーヴル美術館が所蔵するレオナルド・ダ・ヴィンチの名画『モナ・リザ』が40年ぶりに日本へ来ることになる。『モナ・リザ』の警備強化を託されたルーヴル同美術館アジア圏代理人の朝比奈(村上弘明)は、卓越した鑑定眼を持つ凛田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推挙する。莉子は彼女を取材する雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)とともにパリへ向かい、採用テストに臨みこれに合格。もう一人の合格者・流泉寺美沙(初音映莉子)と一緒に研修を受けていたところ、次第に莉子に異変が起き、鑑定眼が狂っていく。原因を探ろうと奔走する小笠原は『モナ・リザ』の瞳の中に仕組まれたある事実を知る。一方その頃、『モナ・リザ』をめぐる巨大な陰謀が動き始めようとしていた……。(movie.walkerより)

ひとこと

試写会へ行った方などの感想をいくつか目にしましたがけっこう評判が良いみたいです。原作も面白いけど映画も良かった、という声が多いので原作を知らない人でも充分に楽しめる映画なのかなと思います。

 

 

2014年5月31日公開
製作国 日本
配給  東宝
上映時間 未定
監督 佐藤信介
脚本 宇田学
原作 松岡圭祐
キャスト 綾瀬はるか 松坂桃李
初音映莉子 Pierre Deladonchamps 橋本じゅん
村杉蝉之介 児嶋一哉 角替和枝
村上弘明 他

tiimubatisuta

チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像

医師で作家の海堂尊による人気ミステリー「チーム・バチスタ」シリーズ(田口・白鳥シリーズ)の第6作にして最終作「ケルベロスの肖像」(宝島社刊)を映画化。2008年のテレビドラマ「チーム・バチスタの栄光」から続く、伊藤淳史&仲村トオル主演版の完結編となる。3月29日(土)より公開。(映画.comより)

ストーリー

日本初となる国際Aiセンター(Ai=オートプシーイメージング:死亡時画像診断)発足の目玉として、MRI“リヴァイアサン”の導入が決定。顕微鏡レベルの解像度を誇り、まさに現代医療の怪物としてふさわしい巨大な機器は世間から大きな注目を集めていた。国と自治体、東城医大が三位一体で取り組む死因究明システムの一大改革に、東城医大の心療内科医・田口公平(伊藤淳史)と厚生労働省でAi導入を推進する白鳥圭輔(仲村トオル)が奔走。こけら落しとなる大講堂でのシンポジウムは10日後に迫っていた。そんな中、東城医大に「三の月、東城医大病院とケルベロスの塔を破壊する」と記された脅迫状が届く。ケルベロスとは、ギリシア神話に登場する三つの頭をもつ冥界の番犬で、“ケルベロスの塔”は“死への入り口”、すなわちAiセンターを意味するものだった。疑惑と謎を抱えながら真相を突き止めようとするバチスタコンビ。時を同じくして、司法解剖では死因が判別できない前代未聞の集団不審死事件が発生。白鳥のよく知る人物も犠牲となってしまう。そしてAiセンター始動の日。それは医学界の根底を大きく揺るがす“最悪な日”となった……。(movie.walkerより)

 

 

2014年3月29日公開
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 未定
監督 星野和成
脚本 後藤法子
原作 海堂尊
キャスト 伊藤淳史 仲村トオル
桐谷美玲 松坂桃李 西島秀俊
戸次重幸 木下隆行 利重剛
加藤あい 名取裕子 栗山千明
生瀬勝久